フロストガラス(タペストリーガラス・タペガラス)|窓の相談窓口 Windows

フロストガラス(タペストリーガラス・タペガラス)

商品説明・おすすめのポイント

「フロストガラス」は、デザイン性の高い水色のガラス。すりガラスの代用として、また、テーブルやデスクの天板といったインテリアや、 商業施設(店舗)やオフィスのパーテーションのガラスとしてもよく利用されています。

在庫
在庫あり
バリエーション

価格について

※カートに表示される価格は、送料込の価格となります。

※北海道・沖縄・離島は別途費用がかかります。

※消費税・取り付け施工費は含まれておりません。

商品についての見積り・詳しい取り扱いについては、お気軽にお電話(0120-50-4577)またはメールフォームからご連絡下さい。

カートで購入できない特大サイズもご用意できますので、お気軽にご連絡ください。
カートで購入できない特大サイズもご用意できますので、お気軽にご連絡ください。
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)

フロストガラスの使用例・特徴

木製ドアの小窓・窓に

特徴

特徴1

滑らかな手触りを持つ半透明のガラス。採光+目隠しができる。

特徴2

「手垢・水垢が付きにくいすりガラス」として人気が高い。

スペック詳細

厚み

3mm、5mm、6mm、8mm、10mm、12mm、15mm、19mm
※厚み3mmをお求めの方は、お電話、またはお問い合わせフォームからご相談ください。

最大サイズ

1200mm×2000mm(厚み19mmの場合)

寸法交差

±1mm

特徴

  • デザイン性が高い
  • すりガラスに比べて手垢が付きにくい
  • タペガラスやタペストリーガラスとも呼ばれる

ご利用シーン

  • 外窓
  • インテリア
  • 天板

この商品は「光を遮らずに窓の目隠しができる方法」として紹介されています。
「家の中が外から丸見えで目隠ししたい。でも日光は遮りたくない。」という方へ。光を遮らずに窓の目隠しができる方法4選!

すりガラスの表面をフッ酸処理した水色のデザインガラス

フロストガラス(タペストリーガラス)は、「サンドブラスト加工」でガラスの表面に凹凸をつくった後、「フッ酸処理」で表面をきめ細かく滑らかにしたフロスト色(水色)のデザインガラスです。
すりガラスと見た目はほぼ同じですが、すりガラスよりも滑らかな手触りです。デザインガラステーブルの天板やアパレルショップなどの陳列棚のガラスとしてよく利用されています。
すりガラスの代用以外に、デザイン性の高いインテリアのコーディネートでもお使いいただけます。

すりガラスに比べ「水垢」や「手垢」が付きにくい

フッ酸処理をしていない「すりガラス」は写真のように手垢や水垢がつきやすく、布巾等で拭いてもなかなか汚れが取れないのに対し、フロストガラスは拭くことですぐに汚れが落ちます。

人通りの多い場所におすすめの「フロスト強化ガラス」も

フロストガラスに強化加工を施したフロスト強化ガラスは、通常のフロストガラスに比べ約3.5倍〜4倍ぐらいの高い強度を持ちます。テーブルの天板や、店舗など人通りの多い場所などで使われる場合は安全の為にフロスト強化ガラスを選ばれる方もいらっしゃいます。

フロスト強化ガラスをお求めの方はこちらにお問い合わせください。
フロスト強化ガラスをお求めの方はこちらにお問い合わせください。
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)

似ている3つのガラス「型板ガラス」「フロストガラス」「すりガラス」の違い

よくある質問

商品についてご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。
商品についてご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)