すりガラス | 窓の相談窓口 Windows

すりガラス

商品説明・おすすめのポイント

「すりガラス」は、サンドブラストと呼ばれる加工で片面を不透明にしたガラスです。昔ながらの乳白色が特徴で、建具や家具の補修、和室の障子ガラスなどに利用されます。

在庫
在庫あり
納期目安
35
バリエーション

価格について

※カートに表示される価格は、送料込の価格となります。

※北海道・沖縄・離島は別途費用がかかります。

※消費税・取り付け施工費は含まれておりません。

商品についての見積り・詳しい取り扱いについては、お気軽にお電話(0120-50-4577)またはメールフォームからご連絡下さい。

カートで購入できない特大サイズもご用意できますので、お気軽にご連絡ください。
カートで購入できない特大サイズもご用意できますので、お気軽にご連絡ください。
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)

すりガラスの使用例・特徴

木製扉の窓に

ドア窓に

木製引き戸のガラスに

特徴

特徴1

乳白色が特徴の昔ながらのガラス。光を通しつつ、目隠しできる。

特徴2

部分的なすり加工やグラデーション加工も可能。

特徴3

すりガラスにデザインが似た「フロストガラス」なら、触っても手垢がつきにくい。

スペック詳細

厚み

2mm、3mm、5mm

最大サイズ

厚み2mm:800×900mm
厚み3mm:900×1800mm
厚み5mm:1200×2300mm

寸法交差

±1mm

特徴

  • 表面をサンドブラストした目隠しガラス
  • 値段が非常に安い
  • 手垢や水垢などが付きやすい

ご利用シーン

  • 障子ガラス
  • 陳列棚
  • 窓ガラス

この商品は「光を遮らずに窓の目隠しができる方法」として紹介されています。
「家の中が外から丸見えで目隠ししたい。でも日光は遮りたくない。」という方へ。光を遮らずに窓の目隠しができる方法4選!

ガラスの表面に細かい砂を当て不透明にしたガラス

すりガラス(磨りガラス)とは、ガラスの表面に砂を当て微細の凸凹をつける「サンドブラスト加工」によって、ガラスを不透明にしたガラスです。曇りガラス(くもりがらす)とも呼ばれ、和室の障子などに利用されます。

部分的なスリ加工やグラデーション加工も可能です

写真のように、部分的にスリ加工したガラスが徐々に不透明になっていくグラデーション加工も可能です。すり加工の「グラデーション幅」を指定することもできます。グラデーション幅についてはこちらをご覧ください。
また、障子用サイズの商品もございますので、障子用のガラスをお求めの方はお問い合わせください。ガラスに絵柄を入れたり、サイズカットをすることも可能です。

現在は「すりガラス」よりも「フロストガラスが主流」に

最近は「フロストガラス」という、サンドブラスト加工後に化学薬品で表面処理したガラスが主流になっています。すりガラスと違ってガラス厚みの種類が豊富で、汚れが付きにくいため、すりガラスよりも人気の高いガラスです。

「フロストガラス」と「すりガラス」はどこが違う?

「フロストガラス」と「すりガラス」はほとんど見た目に違いはありません。比較写真のように、すりガラスよりもフロストガラスの方がやや透け具合が強いです。また「すりガラス」よりも「フロストガラス」が選ばれる最大の違いは、フロストガラスは手垢がつきにくいということです。

すりガラスは、触ると表面に手垢や手の脂などがついてしまい、拭いてもなかなか取れずに汚れが残ってしまいます。
フロストガラスは、フッ化処理のおかげで表面が滑らかなため、手垢が付きにくいです。「手垢の付きにくいすりガラス」がフロストガラスと言えます。

また、フロストガラスとすりガラスは、ザラザラした面を水で濡らすことで分かります。すりガラスは、写真のように透けるのに対して、フロストガラスは透けません。

すりガラスの弱点を解決したフロストガラスは、インテリア家具などでもよく利用されているオシャレなガラス。テーブルトップや間仕切り(パーテーション)などにオススメです。
「フロストガラス」をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

「フロストガラス」をお求めの方は、こちらにお問い合わせください!
「フロストガラス」をお求めの方は、こちらにお問い合わせください!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)

似ている3つのガラス「型板ガラス」「フロストガラス」「すりガラス」の違い

よくある質問

商品についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください
商品についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)