ガラスの反射を抑えて、夜景を綺麗に見せるには?ショーウインドウやホテル、レストランのガラスのお悩みを解決します。|窓の相談窓口 Windows

ガラスの反射を抑えて、夜景を綺麗に見せるには?ショーウインドウやホテル、レストランのガラスのお悩みを解決します。

「ショーウインドウが反射してしまい、中の商品が見えない」
「窓に明かりが反射して、あまり夜景が綺麗に見えない」
綺麗に見せたい商品や景色があるのに、ガラスのせいで見えなくなってしまっていることはありませんか?

この記事では、そんなガラスの反射を抑える方法を紹介。今からご紹介するアイテムで、ガラス越しの商品や景色を、反射を気にせずありのままに見せることができます。

①ガラスに低反射フィルムを貼る

「低反射フィルム」は、既存のガラスに貼ることでガラスの反射を抑えられます。次に紹介する「低反射ガラス」と違い、ガラスの交換をしなくても反射を抑えられるため、交換費用や手間を抑えられます。
ただ、フィルムはガラスと比べて劣化が早いため定期的に交換する必要があります。低反射フィルムは10年ほどが交換の目安と言われていますが、室外側に貼る外貼りタイプのフィルムは、紫外線や雨風にさらされるため5〜7年で貼り替えの時期になります。

②低反射ガラスに変える

ガラスそのものが反射を抑える「低反射ガラス」に替えることもできます。低反射ガラスは耐久性が高いため、一度交換すればフィルムのように定期的に貼り替える必要はありません。
低反射ガラスの中には、通常のガラスに比べて青みが少なくほぼ無色透明の、高透過仕様のものもあります。

ガラス越しの景色を綺麗に見せたい方に。「低反射ガラス」をもっと詳しく見てみませんか?

当サイトでは、低反射ガラスの「夜景専用ガラス TEIEN(庭園)」を販売しています。ガラスの反射が目立つ“夜”には特に高い性能を発揮。旅館の庭園や高層マンションからの夜景を堪能できるガラスです。
低反射ガラスが気になる方は、下のボタンで製品の詳しい情報を見ることができます。

低反射フィルムをお求めの方はお気軽にお問い合わせください!
低反射フィルムをお求めの方はお気軽にお問い合わせください!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)