冷暖房の効きの悪さを解決する効果的な方法とは?|窓の相談窓口 Windows

冷暖房の効きの悪さを解決する効果的な方法とは?

「暖房や冷房をかけていても、冬になると寒く、夏になると暑い…」
「冬に暖房をつけてもなかなか部屋が暖まらず、電気代だけがかさんでいく…」
とお悩みの方。

これらの問題を解消するために、窓のリフォームが効果をもたらすことをご存知でしょうか?

冬の寒さ・夏の暑さのお悩みはあらゆるご家庭が抱える問題ですが、それらの問題は「窓」が原因かもしれません。

暖かい家・涼しい家は窓で決まる

冬に窓から逃げていく熱量は58%、夏に窓から入る熱量は73%と言われるほど。住まいを快適な温度に保つうえで、「窓」の断熱性の向上は避けて通れません。窓を変えるだけで、快適な住まいに近づけることができます。

住宅の断熱性能を上げる窓とは

一言で「窓が大きな原因」と言っても、それに対して考えられる解決策は様々。

  • 断熱性能の高いガラス(ペアガラス)に交換する
  • 断熱性能の高いサッシ(樹脂サッシ・木製サッシ)に交換する
  • 二重サッシを設置する

そこで、次からは窓の断熱性を向上させる様々な方法をご紹介します。

①窓ガラスを「ペアガラス」に変える

「ペアガラス」とは、2枚のガラスの間に空気層が設けられたガラスです。近年建てられる住宅の窓ガラスはほとんどがこのペアガラスで、普及率は70%ほどになります。

ガラスの間の空気層により、冬場は外の寒い空気を室内に通しにくくし、夏は外の熱を室内に入れにくくします。冬の室内を暖かく、夏の室内を涼しく保つガラスです。

「ペアガラス」には通常タイプの他に、「Low-Eペアガラス」や「真空ペアガラス」などがあります。それぞれ独自の機能を持ち、目的や状況に合った種類を選ぶことができます。

遮熱効果・断熱効果をより高める「Low-Eペアガラス」

「Low-Eペアガラス」はペアガラスのひとつ。合わせられたガラスの片方の面に金属膜のコーティングがされています。「Low-Eペアガラス」はこの金属膜によって、放射熱(※太陽熱による暑さなど、物から物に電磁波のかたちで伝えられる熱)を抑え、通常のペアガラス以上の効果を発揮。
金属膜がコーティングされたガラスを室内側にして設置するか、室外側に向けて設置するかによって、その効果が変わります。

夏の暑さ・西日が気になる方は金属膜を室外側に

金属膜のコーティング面を室外側に向けた場合、室外側の金属膜が太陽の熱を反射し、室内に入る熱を大幅に低減。通常のペアガラスよりも、日差しの遮熱性能に優れたペアガラスになります。また、金属膜のコーティングが紫外線をカットする役割も果たします。

遮熱タイプは、「夏の暑さや強い西日が気になる窓」に使うことで、より効果を実感できます。日本国内の住宅だと、基本的にはこの遮熱タイプが向いています。

冬の寒さが特に気になる方は金属膜を室内側に

金属膜のコーティングを室内側に向けた場合、金属膜は太陽の日射熱を弱めますが、遮熱タイプほど大幅にカットされることはありません。一方で、室内の暖かい空気は外に逃がさず、通常のペアガラスよりも断熱性能に優れたペアガラスになります。こちらも紫外線をカットする効果を持ちます。
断熱タイプは、「冬の寒さが特に気になる寒冷地」での使用がより効果的です。日本国内でも北海道などの特に寒冷な地域では、この断熱タイプが使われています。

まずは商品ページを確認!当サイトで「ペアガラス」「Low-Eペアガラス」を購入できます!

当サイトでは、「ペアガラス」「Low-Eペアガラス」を販売しています。冬の寒さや、夏の暑さにお悩みの方は、ぜひ住宅に取り入れてみてください。

浴室やキッチンをペアガラスにしたい方に。「Low-Eペアガラス」に目隠し効果を持たせた「デザートペア」も販売中!

また、「Low-Eペアガラス」に視界を遮る目隠し効果を持たせた「デザートペア」も販売しています。デザインガラスの中でも特に人気のある20種類の柄を揃えました。
浴室やキッチンなどを、ペアガラスでおしゃれに目隠ししたい方におすすめです。新築の窓にはもちろん、断熱性だけでなく窓の印象も変えてみたい窓リフォームに活用できます。

サッシの交換が必要ない「真空ペアガラス」も

ペアガラスは通常のガラス(単板ガラス)よりも厚みが厚くなるため、窓ガラスの交換を行う場合は特殊なアタッチメントを使用するか、サッシごと交換する必要があります。

既存のサッシをそのまま使用してガラスを交換したいという方は「真空ペアガラス」がおすすめです。「真空ペアガラス」は、ペアガラスとしての性能はそのままに従来のペアガラスよりも厚みを薄くしたガラスになります。下の写真は、真空ペアガラスの「スペーシア」に交換した事例です。窓の結露が大きく改善されています。

まずは商品ページを確認!「真空ペアガラス」ついてもっと詳しく見てみませんか?
当サイトでは「真空ペアガラス」の販売ページを設け、施工事例や製作可能サイズなどをご紹介しています。今ある窓のデザインはそのままに、冬の寒さや夏の暑さ、結露を解消したい方は、ぜひ住宅に取り入れてみてください。

②樹脂サッシ・木製サッシに変える

次の解決策は、サッシの交換です。現在日本で最も普及率が高いアルミサッシは、断熱性能が低いために住宅の熱の逃げ道になりやすい特徴があります。
「冬に暖かく、夏に涼しい」住まいをつくるならば、断熱性に優れる樹脂サッシや木製サッシでの新築・窓リフォームがおすすめ。サッシを替えることで最大1500倍まで断熱性能を高めることができます。

日本でも徐々に普及率が高まる樹脂サッシ

難燃性や耐久性に優れた「塩ビ樹脂」を材質とするサッシです。一番の特徴は、断熱性と気密性の高さ。ペアガラス(複層ガラス)と組み合わせられることが多く、より開口部の断熱性を高め、窓の結露を防ぐ製品として住宅に取り入れられています。一方で素材の耐久性・強度は、アルミサッシがより優れています。

最も優れた断熱性能を誇る木製サッシ

木製サッシは、断熱性能が最も優れたサッシです。その性能は樹脂サッシを上回り、熱貫流率(熱の伝えやすさ)はアルミサッシの1/1500~1/2000と言われています。また意匠面においても、木質ならではの温かみや塗装色が豊富な点も特徴です。
一方で、木材の腐朽を防ぐため定期的なメンテナンスが必要になります。

あっという間に終わる簡単施工!樹脂サッシ「RAKUE」を販売しています

当サイトでは、樹脂サッシ「RAKUE」の販売+取付を行っています。
「RAKUE」は最高クラスの断熱性能を持つ、アルゴンガス・16mm空気層のペアガラスを採用した樹脂サッシ。「硬質発泡ウレタン」を注入する特殊な工法で、樹脂サッシの強度・耐久性を高めます。
時間・コスト・騒音・ゴミを最小限に抑える工法でもあるため、特にリフォームで窓を変えたいと思っている方に最適です。
 

③二重サッシを設置する

「二重サッシ」とは、既存の窓の内側に新たに設置する窓のことです。また、「内窓」「インナーサッシ」「二重窓」とも呼ばれています。

二重サッシは、遮熱、断熱、以外にも、防音や防犯効果を目的に設置されることも多いガラス窓です。特に防音効果が高く、屋外の騒音を防ぎたい方や楽器を演奏したい方には二重サッシがおすすめです。下の写真では、アルミサッシの窓の内側に木枠の二重サッシを設置しています。

開け閉めも2回行う必要があることや、窓の見た目が変わることを考慮する必要がありますが、既存の窓の内側に窓を作るだけのため、リフォームで二重サッシにするという方も多くいます。

二重サッシの設置で知っておきたい注意点

二重サッシは引き違いの窓のみ設置が可能です。上げ下げ窓や内倒し窓、天窓など外窓が内窓に干渉してしまうような窓には、二重サッシは取り付けられません。また、設置の際は内窓を取り付けられるだけの窓枠のスペースが必要になってきます。

取り付けのスペースがない場合は、「ふかし枠」という部材を窓枠に設置することで施工が可能です。気になる方はご相談ください。

窓のことなら 私たちにお任せください!
窓のことなら 私たちにお任せください!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)