【募集終了】【助成金】下関市 お家で過ごそう~自宅で実践できる新しい生活様式について~|窓の相談窓口 Windows

【募集終了】【助成金】下関市 お家で過ごそう~自宅で実践できる新しい生活様式について~

エリア

山口県下関市

募集期間

2021年8月2日(月) ~ 2021年8月20日(金)
募集は終了しました

事業概要

新型コロナウイルスの出現に伴い、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を日常の中で実践していく 必要があります。

ソーシャルディスタンスの確保、小まめな換気、マスクの着用や手洗いといった感染拡大防止への取組みをひとりひとりが実践することが重要です。

テレワークやリモート授業に対応した間取りへの変更、手洗い設備の増設や宅配ボックスの設置など、家で過ごす時間が増えたこともあり住宅においても新しい生活様式への対応が求められています。

下関市では自らが居住する住宅に対して行う新しい生活様式に対応するためのリフォーム工事費用の一部を助成しています。

支援方法

助成金

補助対象となる費用

(一部抜粋)

下関市内に本社又は本店を有する事業者(下関市内で1年以上事業を行っているもの。下関市内に1年以上居住する個人事業者を含む)の行う新しい生活様式に対応するためのリフォーム工事で、消費税を除いた合計額が5万円以上となるもの。※住宅以外の部分の工事は対象外

なお、実施に当たっては建築基準法をはじめ、各種法令を順守してください。

  1. 住宅にウイルスを持ち込まない工事
  2. 住宅内の感染拡大を防止する工事
    換気用開口の新設
    網戸の新設、改修
    ・建具の新設 等
  3. テレワーク(リモート授業)に対応する工事
  4. その他機能向上に資する工事

対象工事の一覧はこちらの表をご覧ください
http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1624413316844/files/taisyoukouji.pdf

補助額

補助金額:費用の2分の1(1,000円未満の端数切捨て) ※消費税及び地方消費税相当額を除く
限度額:20万円

交付対象者

  1. 居住者…下関市内の住宅(店舗等の用途を兼ねるものを含む)を所有して居住している方(相続人を除く)。
  2. 居住予定者…下関市内の空き家住宅(おおむね年間を通じて使用されていない住宅)を取得し、その空き家住宅に居住しようとする方。 ※住民票の異動が補助金交付の条件となります。
  3. 1、2のいずれかに該当する方で、下関市の市税の滞納がなく、同居する方を含め暴力団員でない又は暴力団若しくは暴力団員と密接なつながりのない方。

※法人は対象外です

対象住宅

下関市内に存する以下の住宅等

  1. 自らが所有して居住の用に供している家屋(店舗等の用途を兼ねるもの(店舗等の用に供する部分の床面積が、延べ床面積の2分の1未満のものに限る。)を含む。) ※賃貸住宅を除く
  2. おおむね年間を通じて使用されていない空き家住宅
最終更新日: